森平

刃物と道具
愛宕山
b0114781_17154763.jpg

愛宕山 #335

模様の入った面白い砥石

包丁の最終仕上げ用に


研いでいて模様に刃があたる事はない

サイズ
205×75×30

価格 16,000円

b0114781_17191432.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2012-07-17 17:20 | お知らせ
笹口砥石
笹口砥石  <長崎県>

b0114781_1423282.jpg


砥石の表面を鉈ではつったあとがあります。

b0114781_14274941.jpg


昭和30年代には、閉山してます。

鍛冶屋では、焼入れ前の刃物にも使ってました。


b0114781_14283173.jpg


見本品として在庫していた物です。

220×70×115
[PR]
# by kmorihei | 2012-07-09 14:33 | お知らせ
大判カラス
b0114781_17454016.jpg


大判カラス砥石
やや硬口
295×98×33
300,000円

b0114781_17455898.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2012-06-18 18:00 | お知らせ
雑誌掲載のお知らせ
monoマガジン情報号 6月16日
創刊30周年特別記念号に掲載されました。
b0114781_15531767.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2012-06-04 15:54 | お知らせ
東急ハンズ渋谷店 研ぎの実演を行います。
12月3日(土)、4日(日) 13時~18時

東急ハンズ渋谷店 B1Cフロアー

砥石の販売と研ぎの実演を行います。

<特別提供品>
b0114781_1639593.jpg

愛宕山合砥 最高級品 24型 (大型)

218×82×80

やや硬口で、鉋、鑿、和包丁の最終仕上げに良い

定価100,000円⇒50,000円にて販売

他にも数点、特別提供品あります。

ご来店をお待ちしております。

(途中休憩ありますのでご了承下さい。)
[PR]
# by kmorihei | 2011-11-25 16:49 | お知らせ
特別価格提供品(sale)
高級鑿等を特別価格(70~80%引き)にて販売を致します。

<ご来店頂いた方に限らさせていただきます。>

<当社ブランドではございませんが、良質品です。>

b0114781_16362467.jpg


画像は一部です。
b0114781_16381394.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2011-10-04 16:39 | お知らせ
鏨(タガネ)
私が使用している、優れたタガネを紹介します。
b0114781_1814033.jpg

一本の鋼材から、頭部分を造り薄く叩き延ばしていき、刃先にかけて焼き入れ硬度を上げているかなり手間のかかった造りをしています。

さらに曲がりにくく折れにくい工夫や、柄の頭部分も叩きやすく打ち損じしにくい形状になってます。

(昭和30年頃の製作品です)

刀剣の仕上げに使用する、刃艶・地艶砥(内曇り/中山鳴滝)を薄く細かく割るときにとても便利で使いやすい道具です。

わずかではありますが、在庫がございますので、よろしければ使ってみてください。

<多少錆がありますが、ご了承ください。>

刃巾20㍉ 全長約240㍉ ¥1.800(税込)
刃巾24㍉ 全長約240㍉ ¥1.800(税込)
b0114781_18114570.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2011-08-05 18:11 | お知らせ
平島砥
かなり荒目の荒砥ですが、人造砥石と違い砥泥が多く出て研ぎ易く、短時間で刃を卸します。

天然砥石特有の保水力があるので、使用前に水に浸しておく必要はありません。
b0114781_163812.jpg
b0114781_16381581.jpg
b0114781_16382575.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2011-07-13 16:38 | お知らせ
黒名倉割れ防止加工
黒名倉は対馬砥を使用した物です。

小型の為、和紙は貼りませんが、油性うるし塗料で5面を何回も塗り固め割れ止め加工致します。

手に馴染む使い心地の良い名倉に仕上げております。
b0114781_17182577.jpg
b0114781_17183950.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2011-07-07 17:19 | お知らせ
対馬砥割れ防止加工
対馬砥は割れやすい為、当社の対馬砥は、原石を長時間真水に浸して塩抜きし整形した後、割れ防止加工を施します。

砥石の表面以外の面を加工します。

最初に油性うるし塗料を塗り、乾いたら再度塗ります。

2度目の半乾きの間に和紙で砥石を包むように貼り、その上からうるし塗料を数回塗り固めます。

さらに、側面を和紙で帯状に貼り、うるし塗料で塗っては乾かしを繰り返して割れ止め加工を完成させます。
b0114781_1824260.jpg
b0114781_1865219.jpg
b0114781_1871154.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2011-07-06 18:08 | お知らせ


by kmorihei
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
お知らせ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧