森平

刃物と道具
東の青砥
東の青砥(黒砥)

茨城県大泉の東側で産出したものです。

原石がなくなり、西の泉砥石よりも早い40年代には、閉山しております。

鋼を強く卸すので、当時は主に鉋を研ぐのに使用していました。

寸八鉋が研げるように15型を多く生産していた。

225×60×70
※ 天然砥石の為、表示したサイズと多少異なる物もあります。
b0114781_15232167.jpg
b0114781_15233684.jpg
b0114781_15234796.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2011-06-06 15:23 | お知らせ
泉砥石(中砥)野天堀
泉砥石(中砥)野天堀

茨城県大泉の西側で産出した砥石です。

昭和60年代に閉山

畳屋包丁、出刃、柳刃包丁等の中砥として使用していました。

灰色に少し茶色が入った色が特徴です。



左 約245×105×90
右 約240×95×95
※ 天然砥石の為、表示したサイズと多少異なる物もあります。

b0114781_14344313.jpg

b0114781_1435076.jpg
b0114781_14351063.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2011-06-02 18:31 | お知らせ
小石川後楽園で講演
東京に大雪が降った翌日、小石川後楽園(涵徳亭)で蕎麦研究会の講師として行ってきました。

近代的な東京ドームの隣に昔のまま残されていている大きな庭園を講習終了後に歩き、とても良い時間を過ごせました。

b0114781_1732970.jpg


b0114781_1745444.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2011-02-21 17:05 | お知らせ
地下倉庫
地下倉庫作業風景です。
砥石を保存するには最適の環境です。
b0114781_17355659.jpg
b0114781_17362896.jpg
b0114781_17365161.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2010-10-27 17:39 | お知らせ
尾崎山5
b0114781_17454816.jpg

№0860 尾崎山 戸前 
195×69×26
やや硬口
28,000円
b0114781_17472211.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2010-09-17 17:47 | お知らせ
尾崎山4
b0114781_18531483.jpg

№50 尾崎山 戸前 
193×70×28
普通硬度
30,000円
b0114781_18533790.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2010-08-25 18:54 | お知らせ
尾崎山3
b0114781_15384439.jpg

№53 尾崎山 すいた 
205×77×28
やや硬め
45,000円
b0114781_15411091.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2010-08-18 15:41 | お知らせ
尾崎山2
b0114781_1719694.jpg

№90 尾崎山 戸前 
205×74×30
普通硬度
47,000円
b0114781_17193153.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2010-08-10 17:22 | お知らせ
尾崎山1
京都東物で、早くから閉山し非常に数の少ない砥石です。
レンガ色に模様が入ったものなどがあります。
砥ぎやすく細かい刃が付き、鉋、切り出し、鑿等に適しています。
b0114781_1840219.jpg

№87 尾崎山 戸前 40型
205×78×37
普通硬度
62,000円
b0114781_18423638.jpg

[PR]
# by kmorihei | 2010-08-04 18:43 | お知らせ
内曇の原石を砕いた!
b0114781_15503100.jpg

倉庫にあった、内曇の原石を砕きました。
2日間かけて300個のこっぱが出来ました。
3,000~6,000円で販売中です。
[PR]
# by kmorihei | 2010-04-27 15:54 | お知らせ


by kmorihei
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
お知らせ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧